キチンと覚える白髪染めの方法

生え際の白髪を上手く染めるのはそう簡単ではありません。そんな生え際の白髪染めのコツをここではご紹介します。

生え際を染めるコツ

人によって白髪の生え具合は違うもの。

白髪染めのサイト(http://www.orlandoairporthotel.org/)にも書いてありますが、現在は生え具合によって色んなタイプの白髪染めを使い分けられます。

通常の黒髪に白髪が数本混じって生えている様な人が白髪染めをするのは、数ヶ月単位で大丈夫です。

また、気が付いた白髪だけを白髪カッターとかで切るのみで間に合っているという方も中にはいますね。

しかし、生え際よりびっしりと白髪となっている方のケースは白髪染めも楽ではないはず。

2ヶ月に一度の白髪染めをしても間に合わずといったケースも少なくありません。

そんな方は白髪染めは根元だけの方も沢山居るでしょう。

普通のカラー染料でも使用する言葉になりますが、生え際だけを染めるのをリタッチと言い、それは集中的に生え際だけを染める方法で、毛髪もそんなにダメージを受けません。

白髪染めそのものは毛髪に結構な負担を与えてしまう為、生え際だけを染めれば毛髪の全体的な負担を防止できるでしょう。

しかし、このリタッチが、案外簡単ではなく…。

生え際だけと言いつつも、生え際は毛髪には多く存在します。

生え際でも前髪だけなら難しくなくても、毛髪全体的の生え際をきちんと染めるというのは簡単ではありません。

可能ならば、夫や妻、またはお子さん等にやってもらうのがおすすめです。

自分では後頭部側など鏡を使っても見えずらい箇所でも、他の人なら見やすいです。

それ以外にも、近年は白髪染めでもリタッチ専用のものが出回っています。

気になる箇所に気楽に塗れますからリタッチタイプは大変重宝しますよ。

自ら生え際の白髪をきちんと染め上げる事はそう簡単な事ではありません。

染め直しは、程よい頻度で、念入りにやるようにしましょう。